きおくのへや

Hide and lurk

初見で全然惹かれなかったものほどハマり具合が重度

全く興味がなかったものにハマってしまうと過去の自分の見る目のなさが憎くなるし、魅力に気付くのが遅かったことを悔やみまくってしまう。
という法則に気付いてから、よく知りもしないものを第一印象だけで敬遠するのをやめました。何事に対しても「見たらハマるかもしれないから触るのやめとこ…」という心構えを持つようになりました。



テニスの王子様Driving Smash! side Genius


この記事には入っていませんがこのゲームも家にありました。ドラスマ。
買ったっきり触っていなかった積みゲー

最近やってみての感想:単調な上にめんどくさい、練習パート合間に挟まれる会話少々はそこそこ面白い
試合はオートと言いつつ放っておけばいつの間にか試合が終わる…というわけでもなくめんどくさい。
好きなキャラの声を審判ボイスに設定できるのは良さげ。ゲームセッ!ウォンバイ橘!

{(練習四日→練習試合一日)×3、練習四日→大会二戦だか三戦だか} で1プレイ。
プレイ時間どのくらいだったか数えてませんが練習メニューとかちゃんと考えると5~6時間くらいかかるのかな。
練習をしたり試合で勝ったりすると手に入るポイントで、着せ替えアイテムを入手できます。好きなキャラを着せ替えよう!
そして着せ替えたからなんなんだと言ってもそれだけで、色んな衣装で試合をできるわけでもなく着せるだけです。

なんだそれはと思いました。
着せ替えして遊べます!って言われてわーい!ってなるほど子供じゃないぞこっちは…なめやがって



信仰対象として神々しさを増した橘さん

f:id:f374cs:20170612154622j:plain

山吹に転入するもジャージが似合わないので補欠になった橘さん

f:id:f374cs:20170612154747j:plain

漁に出る橘さん

f:id:f374cs:20170612154812j:plain

かわむら寿司を乗っ取った上におにぎり屋にしてやった橘さん

f:id:f374cs:20170612154930j:plain

猛獣のオーラをまとった恐ろしい橘さん

f:id:f374cs:20170612155025j:plain

秋葉原に行く橘さん おにぎりは知らん

f:id:f374cs:20170612155110j:plain




さすがに着せ替えを楽しんでしまうとは思わなかった。
気付いたら30分くらいは経っていました。
中古で安いので元は取れると思います。

広告を非表示にする

単体萌え

単体萌えというよりは自分原作厨拗らせすぎでキモいなーみたいな話です。
カップリング萌えという気持ちが芽生えたことがないことを別のオタクに話すと結構珍しいものを見る扱いされる。
いや単体萌え自体は珍しくもなんともないんだけど、好きなキャラの非公式カプはあまり見たくない、というところまでいくと「お前めんどくさ!」って感じらしいです。
好きなキャラを仮にA、Aと仲が良い幼馴染BやAを慕っている後輩Cがいるとして、BにからかわれるAやCの面倒を見るAといった色々なAの姿を見るのは楽しいけど、もしAが恋愛するならAが自分で(というか原作で)選んだ相手がいい。私がAの恋人になりたいわけでもない。
Aはああいう状況のときはこんなことを考えていて、あの時あんな行動をとったのはこういう思考からで、普段友達とこんな会話をして過ごしていて、
もっと細かく言うとAはピザを上手に六等分できるとか、水族館では魚を見ながら調理法を考えるタイプっぽいとか、めちゃくちゃ綺麗な星空を目の当たりにしたときの反応はどうかとか、下らないくらい断片的な妄想が好きです。
たぶんカップリング萌えもそういう断片のうちの一つですよね。恋愛しているAの姿が見たい、みたいな。
究極的には好きなキャラがひとりでそのへんに立ってるだけで十分。生きていてくれればいいし、何かを残して死んでいってもいい。存在が好き。
二次創作は好きなのですがカプものを除いていくのが面倒で見なくなりました。なにが面倒って私の人間性が面倒なだよ。コミックスだけ読んでればいいんだ。自分から行動範囲を狭めているだけなのでいいことはマジでない。ただ生きるのは楽しい。

広告を非表示にする

パパンがスィ~

タイトルの通り橘桔平さんとその周辺の人の話をしている記事です。
病んでるとしか言いようがない長文です。話があっちこっちしています。

「亜久津に食ってかかろうとした神尾を冷静に止めて大人っぷりを発揮したが内心すごく怒ってて頭の中で亜久津をタコ殴りにしていた」「ライオン大仏と言われちょっと怒っていた」(コミックのおまけページ)
「挑発すると怒る」(クリスタルドライブとかそのへんのゲーム)
→橘さんって案外短気だし大人げないよね?
という前提から
「橘さんは大人っぽくて頼りになるし器もでかい聖人!というだけではなく、結構中学生らしい人なんじゃないだろうか」
と妄想し始めて、いくら考えても結論が出ないのですが、橘さんは実は少年なのだ…と思うと居ても立っても居られないので少しだけ書き出しておきたいと思います。


めちゃくちゃ贔屓目が入っている支離滅裂な文章です。ただ長いだけで、核心には全然触れていません。
橘さんのことばかり一日中考えることもあるし、橘桔平のやつ!あんなことをしておいて平然としているとはなんて男だ!あっち行っててくれ!!暗くなる前に帰って来てね!みたいな気持ちになることもあります。
要は拗らせています。

続きを読む
広告を非表示にする

テニプリの話

新作アプリとして音ゲーが出ると聞いて。
知らない間にキャラソンが800曲以上あるらしいじゃん。怖い。歌ばっかり出してテニスしてないでしょ。
Victory Roadの譜面を想像してみたらすごく単調だった。そもそも実装してもらえるかな。楽しみ。
あと石田鉄くんと桜井雅也くんのDEAR、CDが出せないならぜひ音ゲーで叩かせてください。期待しています。
テニスの王子様が入り口だったオタクって結構いるのではないかと思う。私がそうでした。再放送だった。
一番最初に好きになったのは海堂君だった。今は不動峰が好きです。泥臭い感じが好みなのは変わってないっぽい。
川原さんのファンになったのもテニプリからだな。川原さんの演じた橘さんに惚れて、橘さんをかっこよく演じて下さった川原さんに惚れて、金田くんにも惚れてという感じだった。川原さんって超いい声だと思う。歌唱力も演技力も芸の幅も声質も素晴らしい。
いい声の人って毎日毎日喋るたびに自分のあまりの良い声さに驚くんだろうな。(IQ4くらいの発言)


スペースが余ったのでやったことがあるテニプリゲームの感想でも書く。このあたりをやりながら新作の音ゲーアプリを待ちます。


テニスの王子様 最強チームを結成せよ !
言及する必要すらない、たぶん一番人気のゲーム。
ボイスやイベントの量、セリフの細かさがすごい。例えば友情度の低いチーム員が抜けていくイベント、橘さんがリーダーだとあのセリフを言って引き止める展開がある。原作愛を感じる。
30チームくらいしか作ってないので、恐らくまだまだ見てないものがあるはず。
あと橘さんの性格、天然入ってる感じが本当製作陣の皆様ありがとうございます。臭いことさらっと言うしかっこいいけどどこか様子がおかしいところが橘さんの魅力だと思う。ただのいい兄貴ってだけではない。双子取り違えたときのセリフなんかめちゃくちゃ失礼だし。あと怒号がだいたい怖い。
そして条件を満たすとエキシビジョンで獅子楽時代の金髪橘さんが使える。この時点で神ゲー。ありがとう本当にありがとう。

テニスの王子様 Smash Hit ! (通常版)
テニスの王子様 Smash Hit ! 2
下手なせいでパートナーに罵倒されまくり心が折れてしまうので、全然強いペア作れなかった。カラーコーン練習とか真ん中の奴以外当てられないレベル。
ボウリングモードに力が入っていた。スコア0で終わらせたときの橘さんの「なんだこれは?!(半ギレ)」が好き。ごめん。
あと乾汁を飲ませるのが楽しい。鉄くんの「ヴォエ!」絶対吐いてる。

追記:カラーコーン練習のコツを調べてから改めてやってみたところ橘さんに褒めちぎられ大歓喜 そして試合のスピード感が面白い。もっとやりこみたい。
乙ゲよりもテニスできるゲームのほうが好きだ。恋人より友達になりたい…
ところで亜久津橘の明らかに険悪なコンビでやったのですが、エンディングのPC画面はどっちが操作していたんだろう。携帯が使えない(→PC操作も危うそう)亜久津と公式設定でパソコンが苦手な橘さん…
恐る恐る記事閲覧しながら「いい試合だったな…」とか会話してる現場すげー気まずそう

テニスの王子様 2005 CRYSTALDRIVE
携帯機だったらこれが一番と聞いて購入。
コンプを狙うとすごく大変そうだけど、好き勝手やる分には楽しい。
グラフィック収集したりキャラの好物を購入したり、ベンチキャラもかわいいし気楽にできる。

テニスの王子様 もっと学園祭の王子様 -More Sweet Edition-
なにいってだと思いながらもなんだかんだ気になってしまって購入
まず跡部、と榊先生が全国大会前にこんな催しを企画するだろうか…という根本のところを考えないようにすれば思ったよりもキャラ崩壊感はない。亜久津辺りはまあ、これはサバイバルのほうもそうですが、学園祭に参加させるのが大変だっただろうなーと制作側の苦労を感じます。敢闘賞!
学園祭で優勝すると補助金が出るという設定のせいで毎回不動峰を優勝させたくなる。「昨年の問題以来部費は削減される一方」と他人事のように語る橘さんがちょっと面白い。あなた中心人物でしょ。
不動峰中学校ではあの事件はどんな位置づけなんだろう。「テニス部の腐敗が明るみに出るきっかけとなった事件」なのか、「問題児だらけのテニス部内で起きた事件。生徒同士のみに収まらず教師にまで手を出すなどけしからん!」なのか…部費が削られてる辺り後者な気もしますが、20.5を見る限り新生テニス部によるコート作りはそこそこ好意的に捉えられているようだし、校内でも意見が割れてるのかな。
橘さんルートはあ~橘桔平はこんな人ですよね、って感じだった。真面目で頼りになって面倒見が良いけど無意識に人を振り回すバナタチさん。
恋愛絡みの話題になると歯切れが悪くなる辺りあーーーー!!橘ーーーーー!!って感じだった。
「○○してくれるか」じゃなくて「○○してほしいんだが嫌か?」って訊き方をするのが天然ジゴロ。
ただ倉庫でのスチルのランニング姿はさすがに笑った。おにぎりが好きそうだった。作画はきれいなんだ…タンクトップがせめて黒なら…

他に好きなシナリオは乾、桃城、ダビデあたりかな。鉄くん攻略したかった。
あとバネさんルートのヒロインはどうしてしまったんだろう。ほかのルートと毛色が違いすぎるぞ!

テニスの王子様 ぎゅっと! ドキドキサバイバル 海と山のLove Passion
学園祭よりもっとおかしな世界観だった。こっちは本当に五、六人しかやらずに手放してしまった。
よく知らなくてもおかしいとわかる九州弁とか恐竜との戦闘とかドキドキどころじゃない命の危険が迫ったりとか突っ込みどころ多くて面白いっちゃ面白い。
橘さんがやけどしたり焚火に木を入れすぎたりするドジだったのと、エンディングがエロだったのは覚えている。

橘さん「杏は親戚の家に泊まりに行ったし両親もいない」
ヒロイン「今日は家族全員家にいないってことですか?」
橘さん「そういうことだな」
→橘さんの家族構成は「曾祖母・祖母・父・母・本人・妹」のはずなので、それが一斉に出払うとなると家族での組織的犯行ととれる
ヒロイン「そんなの当日に言うなんてずるいです!私はまだ心の準備ができてないのに」
橘さん「そうか?」
ヒロイン「だって心の準備とかいろいろ…」
橘さん「まあそれよりパンを捏ねようじゃないか
→二人でパン生地を捏ねる
ヒロイン「くすぐったいです」
橘さん「くっついてるんだから仕方ないだろ。パン生地は耳たぶくらいの固さにしないとな。ちょうどこれくらいにな
→手はパン生地を捏ねているなずなので粉まみれの手でヒロインの耳たぶに触れたかあるいは
ヒロイン「も、もう……」
暗転 ここから先は有料コンテンツです。(うそ)

色んな意味でウワーーーー!!!
橘さん手が早くないですか?プレイヤー層は大人が多いしテニプリのキャラなんて9割がた中学生に見えないけどゲーム内での設定は一応中学生なんだから…私の心が汚いのか?橘さんはパン生地を捏ねるのに夢中なだけなのかな?
学園祭のエンディングでもヒロインの家族がいなくて家に二人きり、というシチュエーションだったけど、ヒロインが病人だったし、あーんで恥ずかしがる程度の中学生らしさは持っていた。倉庫イベントでも服を脱いで後ろから抱きしめていたがそれも緊急だったのでまあ仕方なかった。照れてたし。
それがサバイバル帰りの猛獣橘さんはどうだ?!二人きりの家で密着してパン生地(暗喩)を捏ねる(暗喩) エロじゃないか!!!
ここまで書いてもしかして橘桔平に中学生性を求めているのは私だけなのではないかとふと思った。なぜエロ担当になったのかわからないのは私だけなのかもしれない。
なんで?

テニスの王子様 ~Kiss of Prince~ Ice Version
キャラ二人選ぶと軽く会話してそのあとキャラソン(ゲームオリジナル)をBGMに試合風景が流れるゲーム。…ゲーム?
このシリーズは曲の当たりハズレが大きい印象。月夜の誘惑/神尾アキラが神曲
全員との会話を見るとスチルとボイスが入手できる。橘さんのはこっち見ながらどや顔で杏ちゃんにお弁当渡してるスチル。

みんなの王子様
ミニゲーム集。学校ごとに違うミニゲームができる。不動峰音ゲー。さすが神尾くんがいるからな。
一番簡単な石田鉄くんの曲も難易度最高でやると命からがらと言う感じ。ド下手です。

テニスの王子様 CARD HUNTER(通常版)
一番やりこんだ 数百時間単位でやった
ブックオフで驚くほど安く買えるのでぜひ。多分原作知らなくても面白いです。
ただ一戦が長いのでちょっとダレるかな。攻撃力でごり押すデッキを作ればだいぶ短縮できます。やはり力こそパワー。
対戦相手ごとにデッキ組み替えるのも面白いと思うのですがめんどくさ…ではなくて、デッキに愛着があるのでいつも同じのでやっていました……もうだいぶ記憶もあやふやなので、今からだとまた覚え直さないといけないな。
このゲーム何がすごいって荒井先輩がプレイヤーキャラとして使用できます。荒井様。荒井将史くん。すごい。

テニスの王子様Driving Smash! side Genius
ゲーム自体は単調ですが合間合間の会話は少し面白い。
詳しくはこの記事にて

 

テニスの王子様 ダブルスの王子様 BOYS BE GLORIOUS!
テニスしながら友達として付き合えるゲーム。テニスといってもアクション性ないけど。
他のキャラのセリフを言わせることが出来るのはちょっと面白い。
ゲーム自体は単調だがシナリオはいい。どのキャラも話の流れは一緒ですが個別イベントは結構個性が出て面白い。
橘さんと殴り合いが出来るし一緒に海に行けるし水を掛け合ってじゃれ合うこともできる
橘桔平は15歳の少年だった。ステレオタイプの昭和の不良みたいな硬派ヤンキーっぽい。
九州時代の金髪、眉は染めてないあたり詰めが甘い。


ほか
・モバテニ
あまり覚えていないが石田鉄Rが欲しいあまり課金したことがある(出なかった)
・パズテニ
そのうちやろうと思っているうちにサービス終了してしまった。早かった。八か月くらいだったかな…


買いたいやつ
テニスの王子様 RUSH&DREAM!(通常版)
榊太郎(43)が攻略対象に入ってると聞いて俄然興味がわいてきた。いずれ買います

テニスの王子様 SWEAT & TEARS 2
作者がコーチとして出てるらしいね。何考えてるんだろう。


KONAMIテニプリの権利を手放したとか、更新しなかったから切れたとか色々聞きますが本当なのかね。
最強チームの続編出してほしかったけど意味の分からん技が増えすぎたからもうダメかな。
というかそもそも据え置きゲームをもう出してないらしいですね。あー…


長くなっちゃった。
どの立場から見るかによって感じ方がガラッと変わる、のはまあだいたいどんなものでも一緒ですが、橘さんもそういうキャラだと思います。
千歳に怪我を負わせて、それによって自分も傷ついて、オラオラ(死語)してたのがすっと牙が抜けた感じになって、みたいな。この時点で中学生が背負うにしては重い過去だな。
でも不動峰でテニス部の先輩や顧問に虐げられるばかりだった後輩たちを守るために再び牙を剥くわけです。
まあうまく言えないのですがあの包容力は一度大事な存在を失ったからこそのものじゃないかなと。不動峰の後輩たちも千歳も、橘さんにとってどちらも欠けてはいけない大事なものだと思うのです。
ひょっとして橘さんはそこまで思慮深い大人びた人間というわけでもないのではないのかもしれない、なんて考えるようになってから、昔よりももっと好きになりました。余裕があって落ち着いた人に見えるけど、実はいっぱいいっぱいなのかもしれない。
まあ妄想はこのくらいにしておこう。とりあえず橘さんのことを深く考えると涙が出てきます。大好き。
放課後の王子様の橘さんも天然入っててちょっと空気読めてなかったりするところが好きです。本当にすごいぞぅ!!じゃねーよ!可愛い

広告を非表示にする

リス

このブログは物忘れ防止のために始めたのですが案の定書くこと自体を忘れている。でも最近は結構書いてるよね。
本当に記憶力がないんです。
マンガを一冊読んで、あー面白かった!と本を閉じた瞬間、「面白かったんだけど…どんな話だったっけ?」みたいな。病的に忘れっぽい。
斉木のサブタイ書き出してるのはそういう理由なのですが、でも好きなキャラが出ている話なら、何話だったかまでは覚えていなくても何巻に収録されてるかくらいは普通に覚えられる。巻数増えてきたら厳しくなるかなと思ってたけど意外とそうでもない。意味ねーなあの記事。
もしかして注意力散漫でボサッとしてるだけで、記憶力が壊滅的に悪いってわけではないのでは?
短期記憶がめちゃくちゃ弱いのかな。醤油を取りに台所へ行ったのに、着いた時には目的を忘れてる…みたいな、そういう物忘れ。
でも試験当日の悪あがき付け焼き刃とかは得意だしな…

 

ここまで下書きに残っていて、自分の忘れっぽさについてもう少し書くつもりでいたのに、
それよりもっと衝撃を受けたことがあってどうでもよくなって吹っ飛んでしまった。
日記も書いておこう。最近はアニマックスで進撃の巨人が始まったので見ています。こんなに面白いなんて知らなかった。なんでみんなもっと早く教えてくれなかったの!友達いないからや!


人間の性的指向や恋愛的指向というのは実に多様なんですね。
小学生の頃、仲良くしていた女の子から「女の子を好きになってしまった」と相談を受けて、そうなんだ~と思って以来、いろいろな人がいるんだということを理解したつもりにはなっていました。
そもそもうちの兄が自閉症というまわりと違う人間だったので誰がなんであろうと気にならないのですが、では一体どういう人がいるんだろうということについては不勉強なままでした。
私自身も、友達や家族といわゆる恋バナに興じながら、ずっとズレを感じていました。二人だけ付き合ったこともあって、でもそれも違和感があって上手くいかず。
歳を重ねるごとに違和感が大きくなっていって、みんな恋人作ったり浮気したり(駄目だと思う)している中、ぱったり取り残されています。
テキトーに付き合っておきなよ!と言われてもそういう気にもなれず。選ぶ権利がある程のいい女ではないのですが、全部(というほど多くもない)断っているうちに「お前は二次元に行ってしまったのか…」みたいな扱いをされるようになった。


リスロマンティック という言葉があるんですね。
恋愛感情は持っているが、相手から自分に恋愛感情を向けられることは望まない、必要としない人。
こ、これだー!!多分
以前の記事で「私は好きな人もろくにいたことがない」と書いた記憶があります。嘘です。好きな人なら今までに何人かいました。
ただ、「アプローチしなよ」「告白したら?」という流れになるのがすごく苦手でした。そういう場面は全力で拒絶していた記憶があります。子供の頃からそうでした。何でそんなことをしなくちゃいけないんだろうと思っていました。
好きでいるだけで満足なので付き合うことなど露ほども望んでいない。こんな感じのことを友達に話したら、「そんなのは恋ではない」と言われたことがあります。
それ以来ずっと、そうか私はまだ本当の恋をしたことがないのか…では今まで「好きな人」だと思っていた人達も違ったんだな…ということで納得していました。
自分は恋をしたことがない、という判断のもと、Aセクとかノンセクとか色々な言葉を知って、もしかしてこれかな?でもやっぱり自分とは違うような…みたいな感じで、モヤモヤしたまま生きていました。
自分が本当にリスロマンティックなのかはともかく、初めてしっくりくる言葉を見つけることが出来て、なんだか腑に落ちたというか。
ただまあ、恋ってなんなんでしょうね。結局のところそこがわからない。自分が何者かなんて一生わかりませんね。

広告を非表示にする

他害

兄がまた見知らぬ人に手を出したらしい。兄の勤務先から連絡があった。私が把握しているだけで四度目。そのうち一回は警察沙汰になった。
子供の頃の兄は暴力をふるうにしても私相手だけだったのになんで今更こんなことになったんだろう。

ごめんなさい、もうしない、と何度反省したフリしても兄は同じことを繰り返す。
勤務先を巻き込んでしまうのは二度目だから、たぶんもう働いていられなくなるだろうと思う。
家族として一緒に過ごすぶんには兄にストレスを与えないように注意を払えるけど、外での出来事にはどうしようもない。常に付き添って歩く人がいないとダメなのだろうか。
とはいえそんなことが出来る人間は家族の中にはいないから本当はずっと家にいてもらうのが世の中の為なんだと思う。

きょうだい児カテゴリの記事はもう書きたくなかったな。
両親も兄も私も、これからどうしたらいいんだろう。

広告を非表示にする