読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのへや

Hide and lurk

灰呂くんの話

斉木楠雄のψ難第233χ「下校相手はψ良の選択を」についてネタバレ…とキモ語りが少々あります。


何故だかわからないけど灰呂くんの人間性の良さが無性に嬉しい。
今週の灰呂くんは想像そのままどころか思っていたよりもずっといい子だった。好きなキャラに夢を詰め込む性質なので、さすがにそれは美化しすぎだろってレベルでいい人いいやつ優等生な灰呂くんを妄想したこともあるんだけど、原作の灰呂くんはその上をいってた。
散らかった空き缶を袋に入れるとか、そういうことを当たり前のようにできるって素晴らしいと思う。ゴミ袋持ち歩いてるのかあれは…
灰呂くんに「お兄ちゃんについてきて!」って言われたら一生ついていって灰呂家の養子として生きていってしまう

勿論本題は後半なんだけど、服を脱いで突っ込んでいくのは確かに「自分は丸腰である」という表明をするには手っ取り早い手段だと思う。でもその場面だけを切り取ると「ただでさえ緊迫している強盗現場にさらに半裸の不審者が出現した」という見方もできる。
そんなおかしな光景なんだけど灰呂くん本人は至って真面目なのが面白い。武器は持っていない…と言いながら迫るゴリゴリの体が既に武器だし。
どこか抜けてて可愛くもある。が実際やろうとしているのは無謀な特攻なので可愛くない。あまり無茶はしないでほしい。キャラが死ぬわけないのはわかるんだけど、危なっかしいにもほどがある。
包丁を腕で受け止めようとしていたけどあれもよくない。しばらくの間、どころか今後一切テニスが出来なくなってしまうかもしれない。
でもそういうことすら度外視して、下手したらあの場で命すら投げ出してしまうほど底なしの善人なのがすごい。
灰呂くんはいいやつだ、なんてことは作品内で再三に渡り描写されてきていたのに改めて実感した。心を読める斉木がまあいい子だな、と認めるほどなので、本人に「良い人間だと思われたい」という下心みたいなものはないんだろうから本当…いい子だな!
犯人を取り押さえた後野次馬に称賛されているときの灰呂くんの照れ笑いを見てなんかすごくうれしくなった。
彼の善行はああいう「助けた相手からの感謝」「その行為自体を良いものとして認めてもらえる」を求めてすらいない、放っておけないから助ける、自分がしたいからそうする、という自己完結したものだと思う。ああいう場で保身に走らず突っ走るのは、たぶんリスクを考えると賢くはない。でも称えるべき長所だと思う。
燃堂くんに海で救ってもらったときは泣くほど感動していたのに、自分が人を助けるということについては「僕がそんなに善人に見えるか」と結構淡々としてるのがまたかっこいい。
五万羽鶴への執着とかマラソン大会での様子から垣間見えるいい子なだけじゃない部分も良いと思う。
熱血だけどそれ以上に天然なのがまた良い。現実にいたら是非友達になりたい!って部分とこいつにはあんまり近付きたくないな…って部分の両方があって、やっぱいいキャラしてて好きです。
でも本当大事な身体なんだから気を付けてくれ…灰呂くんが周りの人を大事にして思いやって体を張る姿はとてもいいけど、その灰呂くんがあまりに無茶をすることを心配している人だっているんだよ
ご両親も息子を誇らしく思うと同時に心配もしただろうからね。結果的にうまく事が進んでしまうのも灰呂くんの才能なんだろうしたぶんこんなことを訴えかけても灰呂くんが変わることはないと思うけどそもそも読者がキャラに直接訴えかける手段なんてない。




ここからやや普通の感想


高校生にもなってグリコで大はしゃぎするのはどうなんだ…歩幅とか文字数とかズルする人いたな。あそこまであからさまではなかったけど。あんまり差が開くと声でジャンケンしだすんだよね。あれはかなりうるさいわ。懐かしい。
麻生先生の描くおばあちゃん、の真顔がなんか好き。電車χといい今回おんぶされてたばあちゃんといい。
万国共通でいっぱいいっぱいという表現がいい。本当になんで灰呂チョイスしたんだあの外国人。



斉木君の周りは危ない人が多い。斉木君がいなければ早死にしそうな奴ばかり。
燃堂くんだって斉木君がいなければ何回か死んでるだろうし、今回も灰呂くんはあのまま刺されていたら腕をケガするどころじゃなかった可能性がある。超能力者って大変だな。
それと灰呂くんをいい子だいい子だとほめちぎっておいて何ですが、灰呂くんに限らずこの漫画のキャラは基本みんな人がいいので、他のキャラも同じ状況で似たようなことをするかもしれない。自分に及ぶかもしれない被害について深く考えずに危険を冒してしまうというか。
燃堂くんは顔で迷子の子供に怖がられそうだし海藤くんは強盗相手に力が及ばないだろうけどまあ斉木がいれば大丈夫。
人のことをお人好しと言うけど斉木君も相当だと思う。つーかやれやれ言いながら助けざるをえない状況になってしまう頻度が高い上になんだかんだ言って手を貸してしまう本人の性格も含めてψ難ってことか。

広告を非表示にする

ほんとつらかった



0時には既に眠りについていた私は、1時頃謎の腹痛で目を覚ました。
せっかくいい子に寝ていたのにと考える暇すらなく、左下腹部を抉られるような痛みが襲い来る。なすすべなく布団の中で全身を丸めた。
とりあえず深呼吸をするために仰向けになろうとしたが、手足を動かすと苦痛がさらに強くなる。それに耐えながら身体を大の字にした。
息をするだけでなお痛む。いま痛んでいる箇所にある臓器はなんだろう。様々な憶測が頭に浮かぶ。尿管結石は重症度によっては死ぬほど痛むらしい。これがその死ぬほどの痛みなのだろうか。それとも子宮辺りになにか起きているのだろうか?今まで世間でいわれる生理痛の辛さを味わったことがない。約十年分のそれが一気に押し寄せてきたらこのくらいになるのかもしれない。
人体のことなどよくわからない私は結局、腹痛といえば便秘か下痢だろうという安直な結論を出した。
おとなしく呼吸をしていたら痛みが少し収まった。真っ暗な中で立ち上がり、トイレへ向かう。便器に腰掛けるが特になにも出ない。それどころか布団の中にいたときより更に強く痛み出した。食道がむかむかして息を吸うことすらできないほどだったが、うずくまってなんとかやり過ごした。
トイレを出て腹を押さえながら寝室に戻ろうとした私を強烈な眩暈と耳鳴りが襲う。ただでさえ辺りは闇に包まれているというのに、視界がさらに歪み、なにも見えなくなった。平衡感覚を失い地面に倒れ込む。頭ががんがんと痛み、全身から脂汗が吹き出してきた。四つん這いになりながらなんとか寝室へ辿り着く。
こいつは駄目だ、そう確信した私はスマホを取り出した。今は夜中である。家族は寝静まっているし病院も閉まっている、そもそも歩いて外に出られそうもない。他に出来ることはない。
「下腹部 痛み 左」とかそんなことを検索したと思う。一番上に出てきたサイトを開いた。
軽度のうちに手術をしておけば、もう少し発見が早ければ――不穏な言葉に不安が募らせながら、画面をスクロールした。もちろん重病とは限らない、便秘やストレスでガスが溜まっているだけの場合もある、と書いてあった。
便秘? ストレス? 笑いそうになった。大学生の春休みにストレスなど皆無である。そして私の長所といえば、快便ぐらいのものなのだ。腸の健康さには自信がある。
やはり私は病気なのだろう。もともと家族には腹が弱いものが多いのだ、ついに私の番が回ってきたというだけだ……と腹を括りながら、ふと気付く。
そういえば、昨日も今日もお通じがない。昨日は朝早く家を出て免許センターへ行ったから、あまりそのことを気に留めていなかった。今日はさっそく車に乗って出掛けていて、トイレへ行っていなかった。
唾を飲み込んだとき一緒に腹へ入った空気が、ガスの産生を増やすらしい。ストレスがあるとその分唾を飲み込む回数が増え、それと同時に飲み込んでしまう空気の量も増えてしまうそうだ。
痛みが和らぐ体勢を探して布団の中でもがきながら、昨日今日のことを思い返してみる。満員電車、人が多い会場での学科試験、その結果を待つ緊張、長時間鮨詰めになっていたことでの不快感……どれも私が大の苦手とするものだ。今日の初運転だって、もちろんだいぶ緊張していた。
すっと腑に落ちた。ガス溜まってるわこれ。痛みは寄せたり引いたりを繰り返していて、このままでは眠れそうにない。整腸剤を飲んだら少し気が楽になった。本当は食後に飲むものだが、今はそんなことを言っていられる状態ではない。
ガスだまりで検索して出てきた体操を全部試したが、たまに腹がゴロゴロ鳴る以外の効果はなかった。おならが出ないしせめてゲップでもしようかと思い炭酸水を飲んだのは今思うと馬鹿だと思う。幸い痛みが増したりはしなかったが、もちろんゲップも出なかった。
どうせ眠れないんだし書きかけの小説の続きにでも取り掛かろうと思ったが、腹の痛みで何も浮かびやしなかった。かれこれ四時間程度、身体をグネグネ捻りながらウグウグ唸っていたら、いつのまにか寝付いていた。

そんなガスだまりのせいで寝不足です。しばらくの間は意識して過ごさないと。再発しませんように。

広告を非表示にする

免許センター

今日、やっっっっっと免許センターに行きました。
早く免許を取って無事故無違反運転者になれるよう頑張ろう!みたいなことを考えていた時期もあった。
いやー早起きした上での片道1時間半が死ぬほど面倒くさい…
長きに渡り重い腰を上げられなかったがついに免許を手にしたぞ……

 

つーか顔写真ぶっさ!何これ岩みたい!元が悪いのと寝不足と疲労と待ち時間の長さにウンザリしてたのとが複合しひどい顔になっている!!へ、返納したい……………………
ぶっさコミュ抜けるわ を略したぶっコ抜を「ぶっこ抜ける(=めちゃくちゃ抜ける=すごい可愛い・エロい)」という意味だと思っていた時期もあった。


あと交通安全協会については「断ると受付の態度が悪くなる」みたいな都市伝説を聞いていたけどそんなことはなかった。

広告を非表示にする

いっぱいおっふ

斉木楠雄のψ難 史上ψ大のψ難 の初回限定特典である
ミニゲーム「照橋心美のψ難 いっぱいおっふ」
の感想みたいな記事です。
全キャラリザルトSにしたので感想でも。攻略の参考には全くなりません。


買った動機:灰呂くんがおっふをするらしいので
要は怖いもの見たさ。


以下軽いネタバレ?あり

続きを読む
広告を非表示にする

斉木楠雄のψ難 サブタイトル16~20巻

以下灰呂くんの出番チェック用メモ
灰呂くんが出てるχは文字を赤くしてちょっと感想。

続きを読む

広告を非表示にする

斉木楠雄のψ難 サブタイトル11~15巻

以下灰呂くんの出番チェック用メモ
灰呂くんが出てるχは文字を赤くしてちょっと感想。
この辺からマジ出番減ってる

続きを読む
広告を非表示にする

斉木楠雄のψ難 サブタイトル6~10巻

以下灰呂くんの出番チェック用メモ
灰呂くんが出てるχは文字を赤くしてちょっと感想。

続きを読む
広告を非表示にする