きおくのへや

Hide and lurk

初見で全然惹かれなかったものほどハマり具合が重度

全く興味がなかったものにハマってしまうと過去の自分の見る目のなさが憎くなるし、魅力に気付くのが遅かったことを悔やみまくってしまう。
という法則に気付いてから、よく知りもしないものを第一印象だけで「興味ないしやめとこ…」と敬遠するのをやめました。
何事に対しても「見たらハマるかもしれないから触るのやめとこ…」という心構えを持つようになったので結局やってることは変わらない。敬遠敬遠また敬遠



テニスの王子様Driving Smash! side Genius


この記事には入っていませんがこのゲームも家にありました。ドラスマ。
買ったっきり触っていなかった積みゲー

最近やってみての感想:単調な上にめんどくさい、練習パート合間に挟まれる会話少々はそこそこ面白い
試合はオートと言いつつ放っておけばいつの間にか試合が終わる…というわけでもなくめんどくさい。
橘さんはゴクトラを可愛いと思っており手帳にゴクトラの写真を挟んでいることが分かったりするのはそこそこ面白いです。
全国大会の折には山吹に手作りモンブランを差し入れする約束までしてた。橘さんは全国大会をピクニックと勘違いしているのかもしれない。
好きなキャラの声を審判ボイスに設定できるのは良い。ゲームセッ!ウォンバイ橘!

{(練習四日→練習試合一日)×3、練習四日→大会二戦だか三戦だか} で1プレイ。
プレイ時間どのくらいだったか数えてませんが練習メニューとかちゃんと考えると5~6時間くらいかかるのかな。
練習をしたり試合で勝ったりすると手に入るポイントで、着せ替えアイテムを入手できます。好きなキャラを着せ替えよう!
そして着せ替えたからなんなんだと言ってもそれだけで、色んな衣装で試合をできるわけでもなく着せるだけです。
なんだそれ。着せ替えして遊べます!って言われてわーい!ってなるほど子供じゃないぞこっちは…なめやがって…と思ってたのにさすがに着せ替えを楽しんでしまうとは思わなかった。
気付いたら30分くらいは経っていました。
中古で安いので元は取れると思います。