きおくのへや

Hide and lurk

最近作ったチーム

11/04ついき
 最強チームの攻略情報は「最強チーム wiki」で検索して一番上に出てくるサイトをお勧めいたします。
 キャラの勧誘方法、マイナスアビリティの解消方法ほか攻略情報をお探しの方がこの記事に多くアクセスして下さっているようなのですが、有益な情報を置いていないただの日記なので申し訳ないです…


テニスの王子様 最強チームを結成せよ!
というゲームで最近作ったり途中でやめたりしたチームまとめ

 

 


・キャラ全員のステータスをオールSSにし、技を全部外し、単にテニスがすごくうまい人たちを育てるチーム
リーダー:南次郎 チーム員:橘、千石、手塚、真田

もともとステータスが高くて育てやすいキャラを中心に選んだ。
橘:好きだから*1
千石:好きだし橘さんのてかげん解消のために
手塚:あまり使ったことがなかったから(九州行きが怖い)
真田:南次郎と同年代の人を入れようと思った
千石さんが上級AIじゃないことを初めて知りました。
手塚は無事に最後まで残留してくれた。しかし橘てかげん解消はならず。占いイベントって発生率低いのかな。
結論から言うとやはりいくらAIが賢くても技なしでは話にならなかった(特にダブルス)のでロードして技を付け直した。
一回戦から相手も上級AIだった。跡部。そんなん負けるわ。


・中の人繋がりでダブルス組ませようと思ったチーム
リーダー:榊 チーム員:金田、橘、乾、菊丸

樺地、赤澤日吉、海堂滝がダブルスのチームは作ったことあるのでこれも。
金田くんも橘さんも使用頻度の高いキャラなのですがダブルスを組ませたことは無かった。しかしどのキャラも兼役とは思えないので声優ってすごい。
榊先生がリーダーなのは金田の勝ちびびりを剥がすため。
練習レベル上げてくれたらラッキーくらいの気持ちで乾を勧誘したらその週にダブルスの練習レベルを上げてくれた。ダブルス練習はステータスの伸び率も低いし活用方法が良く分からなかったのですが、せっかくなので初めてまともに使ってみることに。いきあたりばったりです。
(ダブルス練習は友情度の上昇値が高いらしいですね。七年やってて初めて知った。愚かしい)
「菊丸か向日と一緒にダブルス練習をさせるとアクロバティックを習得する」というイベントを起こしてみるために菊丸を勧誘。全員にアクロバティックを習得させた。
データマンも伏兵も大仏もみんなコートを跳ね回ってて楽しかったけどなんのチームだかよく分からなくなった。自分の武器であるアクロバティックをチームの仲間全員に伝授してくれる菊丸は良い奴ですね。
そして橘さんにもダブルスのアビリティを習得させた。もともとステータス高いし別にいらないかなと思ったのですが、てかげんを相殺してくれるのでお得感があった。

最後の週にミーティングをしてみたら金田橘ご両人が「ダブルスを組みたい奴がいるんです」とお互いを指名してくれた。プレイヤーの意図を汲み取る優秀なゲーム。
ミーティングも活用方法がよくわからないと思っていたのですが、友情度が上がり切った育成後半、下手にマイナスアビリティ(油断とか油断とか)をつけたくない場合には良いのかもしれない。まあそれもロードすりゃいいだけなんだけど。
ボイスありなのでセリフ収集すると楽しいかもしれません。


・好きな二年生キャラを適当に集めたチーム
リーダー:南次郎 チーム員:杏、石田、裕太、海堂

妹と弟ってことで杏ちゃんと裕太を組ませようかと思ってたけどツイストスピンショットはシングルス向きな気がしたので、石田も弟だし…と変更。
杏ちゃんと裕太それぞれの兄貴が売り込みに来たのは面白かった。
ライバルチームが「んふっ強いですよ」だった。リーダー観月、チーム員手塚真跡部不二。強かった…
決勝の杏・石田vs真田・手塚、タイブレークまでもつれ込む熱い展開になって興奮した。負けちゃったけど。
杏ちゃんの背中に3回も波動球をぶち当て瀕死に追い込んだ鉄くんが割と戦犯。いや波動球を忘れさせなかった私が悪いのか。
桜井前をあけてくれ!は切実なお願いだったんだな…前あけないと死んじゃう
関係ないけど音速球も結構人に当たりますよね。1/25くらい。不動峰の後輩たちは確実に橘スピリッツを受け継いでいる。





色々なコンセプトでチーム作るの楽しいけどこのゲームはライバルチームが豊富なので、自分がやろうと思ったことは既にゲーム内でやられてる場合が多くてちょっと寂しい。坊主チームとか兄弟チームとかいくつあんねんって感じだしな。けど自分でもやる。
最強チームは良いキャラゲーだなと思います。
榊先生が遅刻して中学生に叱られたり金田と亜久津が喧嘩したり、跡部が幽霊を怖がったり、ミチルが桜乃ちゃんを家まで送ったり、原作ではあり得ないイベントが面白い。
まあこれ以上にあり得ない展開ばかりなのが最近の本編ですが。

*1:すごい好き