きおくのへや

Hide and lurk

キャラゲー

魁!! クロマティ高校 これはひょっとしてゲームなのか!? 編

魁!! クロマティ高校 これはひょっとしてゲームなのか!? 編

 

すごろくのほうは買ってない
校歌が聞けるらしいので欲しいところ

 
・システム
ロードが長い
ルート分岐がそこそこシビアな気がする。言い切るには施行回数不足ですが
「このタイミングでこの人物に話しかけないと○○ルートに行けない」とかある
まあ何度かやればいけるので大丈夫

ツッコミ画面
BTS(ボケツッコミシステム)みたいな名前だったと思う
プレイヤーは神山として会話にツッコミ(弱・中・強)を入れることができる
ただツッコミとして機能しないことが多々 原作通りだな
 前田「(まともなことを言う)」
 林田「(変なことを言う)」
 私(ここは強めにツッコミを入れて前田方面に話を戻そう)ツッコミ強
 神山「林田くんの言うとおりだ(林田の意見に強く同意)
 前田「あ…うん…」
え?そうなるの?みたいな
話に首を突っ込むという意味のツッコミだと思うようにしてから気が楽になった
強弱によるツッコミ内容の違いはあるときもないときもある
説明書に書いてある「画面に向かってツッコミを入れるのはいつでも大丈夫です」みたいな文面に和む

ネタフリ画面
任意のキャラクターに話を振ることができる
これ以上話を脱線させたくないときはとりあえず前田か北斗の子分に頼っとけみたいな風潮
林田はろくなことを言わないしメカ沢βはどうあがいてもメカラッタしか言わないけど話しかけまくろう

・シナリオ
北斗軍団がクロマティ高校(の不良ども)を題材にしたゲームを作るぞ!僕たちが意見を出してよりいいゲームにしよう!みたいなあらすじ
全エンディングやっても結局いいゲームは完成しない
不良どもによるグダグダまとまらない会話 原作漫画っぽい雰囲気
誰一人ポリゴンの意味をわかってないのに「何ポリゴンくらいがいいと思う?」「10くらい?」「僕ならその100倍の1000だ」「スゲエ!」と話し合う場面とか、原作でもありそうなやりとりだなと思った
北斗がバント下手な理由がすごく納得いった

・ボイス
アニメと同じ声優陣 シーン切り替わり時に声あり OPデモはフルボイス
マスクドがいい声なことに今更気づいた
あとメカ沢くんに若本氏ってインパクトあって面白い上に意外とマッチしてる絶妙なキャスティングだなと思う 慣れただけかもしれない

・文字表示
表示速度早くしても遅い スキップがややまどろっこしい
ただ会話中にツッコミ入れるシステムだからこういう制約は仕方ないんだろうなと思う

・グラフィック
立ち絵の口がパクパクして右上の駒(ダービー兄とやった時のジョセフやポルナレフみたいなやつ)がくるくるする簡素な画面構成
1000ポリゴンの前田くんブサイクすぎワロタ

ミニゲーム
マクラ道は地味に面白い。リズム天国みたいな感じ やったことないけど
ゲーム内の前田が倒された時の音が生々しくてショック受ける不良一同が面白い 繊細チンピラ(誤用)

・総評
私はなんでも楽しい
原作のキャラがそのまま喋ってる感じはすごく出てる
4~5時間でフルコンプできるしいいと思う