きおくのへや

Hide and lurk

単体萌え

自分はおそらく単体萌えのオタクなんですけど、この概念を人に説明するの難しい。
頭の中好きなキャラ(ここではAとする)のことでいっぱいで、「夢女子?」って言われるんだけど、懸想しているのとはまた違う。
Aはああいう状況のときはこんなことを考えていて、あの時あんな行動をとったのはこういう思考からで、普段友達とこんな会話をして過ごしていて、
もっと細かく言うとAはピザを上手に六等分できるとか、水族館では魚を見ながら調理法を考えるタイプっぽいとか、めちゃくちゃ綺麗な星空を目の当たりにしたときの反応はどうかとか、下らないくらい断片的な妄想が好き。
どんな人なのかを延々と考えるのが好きだしなんなら原作読むのが一番好き。原作のAがどんな活躍をしていたか思い出すだけで血が滾る。
究極的には好きなキャラがひとりでそのへんに立ってるだけで十分。生きていてくれればいいし、何かを残して死んでいってもいい。存在が好き。ただ存在していてほしい。
キモいのでこれで終わりです。

橘桔平さん じゅうごさい

橘桔平さん(15)とその周辺の人の話をしている記事です。パパンがスィ~については放課後の王子様参照。
「亜久津に食ってかかろうとした神尾を冷静に止めて大人っぷりを発揮したが内心すごく怒ってて頭の中で亜久津をタコ殴りにしていた」「ライオン大仏と言われちょっと怒っていた」(コミックのおまけページ)
「挑発すると怒る」(クリスタルドライブとかそのへんのゲーム)
→橘さんって案外短気だよね?
という前提から「橘さんは大人っぽくて頼りになるし器もでかい聖人!というだけではなく、結構中学生らしい人なんじゃないだろうか」と思い始めて、いくら考えても結論が出ないのですが、橘さんは実は少年なのだ…と思うと居ても立っても居られないので少しだけ書き出しておきたいと思います。
見解がしょっちゅう変わったり増えたりするので割と頻繁に加筆しています。その結果文章に齟齬が出ているかもしれません。橘さんのことは色々な方向から考えたいのでそのままにしてます。
おーよしよしまだ中学生なのによく頑張ったなよしよし…みたいな気持になったり、橘桔平のやつ!あんなことをしておいて平然としているとはなんて男だ!あっち行ってくれ!!暗くなる前に帰って来てね!みたいな気持ちになったり、要は橘さんのこと好きなんだけどよくわからないというだけのことを5000文字にまで引き延ばしているだけの記事です。

続きを読む

テニプリのゲームの話

新作アプリとして音ゲーが出ると聞いて
知らない間にキャラソンが800曲以上あるらしいじゃん。怖い。歌ばっかり出してテニスしてないでしょ。
Victory Roadの譜面を想像してみたらすごく単調だった。そもそも実装してもらえるかな。楽しみ。
あと石田鉄くんと桜井雅也くんのDEAR、CDが出せないならぜひ音ゲーで叩かせてください。期待しています。
テニスの王子様が入り口だったオタクって結構いるのではないかと思う。私がそうでした。再放送だった。
一番最初に好きになったのは海堂君だった。今は不動峰が好きです。泥臭い感じが好みなのは変わってないっぽい。

やったことがあるテニプリゲームの感想でも書く。このあたりをやりながら新作の音ゲーアプリを待ちます。

続きを読む