きおくのへや

Hide and lurk

今更RUSH&DREAM!

テニスの王子様 RUSH&DREAM!(通常版)
買いました
sweat&tears2も買いましたがまだ橘さんに出会ってすらいないので後日改めて
 →7/7追記 会いました

感想:なんじゃこりゃ KONAMI好き放題
いや、夢の内容は公募らしいから好き放題なのはプレイヤーか

 

主人公はなんかテニスの合宿に呼ばれた一年生女子。
一週間の日程の中でテニスの練習や料理、勉強などをこなしてステータスを上げたり下げたり、好きなキャラとペア組んで試合したり、夜になって眠れば色々な夢を見たり、なんか青春しよう!というゲームです。
自分でスケジュールを組んで練習・休憩、一日の最後に試合 というルーティンで一週間くらい。そして最後はトーナメント大会。
あからさまに女性向けゲームなのでまあアクションもそこまできつくなかろうと思いきや練習は失敗ばかり、試合は空振りしまくりで負け、散々でした。
練習パートはイメトレという練習の練習ができるモードがあるのでそこで感覚を掴み、試合は本当に打つ瞬間!ってくらいまでボールを引き付けてからボタンを押さないといかんのだなと気付いたころには日程も終盤。
キャラごとに六種類のエンディングがあるらしいです。練習の出来や試合結果などで変わるそうな。スゲー!無理!
前半のほうでルートが分岐してしまうようなので後から頑張っても無駄でした。私の人生と一緒だな!
攻略情報を見に行ったところ私が突入していたのは落ちこぼれルートだったようです。必死でやっても落ちこぼれルート こんなところまで私の人生と一緒だな!
あと何周かしたいと思います。しかし試合長くてたるい(実際は空振りばかりしているのですぐ終わる)

そのくせ学力・料理・ルックスのパラメータは割とよかったみたいでエンディングではそこを褒められた。この三つのステータスを上げるミニゲームはやたら簡単だったんですよね。
テニスはへたくそだが料理が上手くてかしこい美女 何しに来た?



・練習相手としての橘桔平
やさしい
練習をすれば×連続、試合をすれば負けっぱなしの主人公(操作:私)相手にお前は充分やっているとか成長しているとか励ましてくれる。
主人公がふらついていれば身体を支えてくれてこのまま休めと言い出す。
あまつさえ大会前日に主人公を呼び出し「俺はお前とペアが組みたいんだ。迷惑か?」
迷惑かけるのはこっちやぞ
なんだか私が付きまとって親愛度を上げてしまったせいで優しくしていただいてごめんなさい。
実はこうなるのが怖くて途中から別の人と組んで練習試合をしていたのに橘さんが来てくれた。しかも別の相手と組んだ時には勝った。見てたぞって言って褒めてくれた。
もちろん大会は負けました。火を見るよりも明らか。ゲームシステムの都合上決勝戦までは自動で行くので更に申し訳ねえ。橘さんは優しさのあまりドMなのか?
日程中にデート、というか一緒に街を歩くイベントが発生した。エンディングでもデートをしていた。改めてマジで女向けゲームだわこれ。テニス下手なのに良い思いをする主人公。
照れる橘さんがとてもかわいかったです。


・橘さんが出てきた夢
○海賊
これだけ続き物だったみたいで三回見た。
イムーバブル・ピークという直訳で不動峰な船に乗って宝を探している海賊。主人公は頭領で、子分に不動峰メンバーを従えている。キーキー言っているだけの主人公よりも橘さんのほうがあからさまに有能だが頭領は主人公。
クジラに飲まれる→クジラが次に口を開けたときに出よう→それまでパーティーでもしよう!というのんきさ 夢だからいいんだけどさ
カラオケの機械があったからカラオケをしよう!誰とデュエットする? という場面で迷わず神尾を選んだらなんか歌い出したので笑い転げてしまった。ロードして全員分聴いた。橘さんの声がすごく好きだなと改めて思いました。
いやみんなお上手なんだけど、ヒロインのパートがカラオケ音源になってるんですよね。さあ画面の前のあなたもご一緒に!ってことか?
このゲームのエンディング曲らしいです。知らない歌なので歌えませんでした。
最後は「今度は二人きりでの冒険も悪くないな」とか言ってちょっと口説いてくる。
このすっとこどっこい(死語)主人公と二人きりになったら間違いなく巻き添えくって死ぬ。橘さんはドMか?それとも主人公をどこかで始末するつもりなのだろうか。そのくらい主人公がめちゃくちゃだった。まあ夢の中だとこんなもんだよなという妙なリアリティ。

○橘さんとタカさんの料理対決
「第1回青学杯!不動峰の橘さんと青学のタカさんの料理対決で~す!」
青学杯なのに不動峰の奴おるぞ タイトルに偽りあり
「橘さんが作ったのは彼氏に作ってあげたい料理ナンバー1の肉じゃが!自分で作ってしまうあたりが女心をくすぐるのか!?」
その通りです
審査員は主人公、より美味しかった方を選び勝者にはご褒美のちゅーをします!という展開でちゅーする箇所まで選ばされたのにその直後に目が覚めるというお約束的な展開でした。
選択肢は「くちびる」「頬」「おでこ」だったかな?死ぬほど悩んでおでこを選んだのに無念であった。ほくろ絡みで何か面白いセリフがあると思ったのに。

○朝食
長男が橘さん 次男ダビデ 母親が主人公 父親テニプリ原作者許斐剛
という家庭の朝の風景を描いた夢。好き放題すぎる
20.5巻作者アンケートの「恋人にしたいキャラ:菜々子さん」「兄にしたいキャラ:橘さん」「弟にしたいキャラ:ダビデ」に準拠したものと思われる。
ダビデは三番目くらいに好きなキャラなので私にとってだいぶ素晴らしい家庭です。
橘さんはいい息子すぎてうさんくさいレベルだった。
母さんの作る料理がいかに美味しいかを食卓で二度三度語り、家を出る直前にも「ごはんおいしかったよ」と言う。
個人的にこのゲームのダビデのダジャレはイマイチなものが多いのですが夢の中のダビデはいいダジャレ言う。
ダビデのことを「ヒカル」と呼ぶ橘さん。ヒカルと呼ばれるダビデが新鮮だった。


もし全ルート?制覇したら追記します。やるかどうかは不明。


おまけ 橘さんとダビデの絡みはだいたい酷いまとめ
橘さんはダジャレに対して冷たい。
ダ:ダビデ た:橘さん

☆RUSH&DREAM! 朝食夢
ダ「いただきます。山の頂上でいただきます」た「ダジャレはいいから早く食べろよ」怒ることないやろ!

☆最強チーム
シングルス試合前→ダ「橘と立ち話」た「寒い」バッサリ橘
スマッシュ練習時のイベント→た「天根、調子いいみたいだな」ダ「まあね。あ、まあね」た「……さーて、俺は帰るとするか」ガン無視

☆学園祭の王子様
→ダ「橘さん、立ち話もなんですから中へどうぞ」→バネさんによるダビデへの暴行→バネさん「くだらねぇダジャレ聞かせちまってすまん」た「確かに寒いダジャレだな」バッサリ橘
ダ「寒いダジャレで少しは涼しくなりましたか?」バネさん「てめえまた下らないことを!」た「……取り込み中のようだな。行くぞ」スルースキルSS

☆ダブルスの王子様
→ダ「橘さんと立ち話」バネさん「こら!」→バネさんによるダビデへの暴行→た「あ…」呆気


知っている範囲だと以上かな?
こう書き出してみると「橘と立ち話」率の高さよ
ちなみに最強チームで橘さんに「スマッシュしまっす」を覚えさせると「橘だけに立場がねえ!」と叫びます ダジャり甲斐のある苗字

広告を非表示にする